新しいブームの予感。パブロバって?浅草「雨虹」でいただく絶品パフェ

ある日、Instagramを見ていたらステキなパフェの写真が流れてきました。

「きっと都心のお店なのだろうな…」と思いながら、詳細を見てみました。

「ん?今戸??ご近所じゃん!」ということで、さっそく伺ったCafelounge雨虹を紹介します。

駅徒歩15分、週末のみ営業、2階の隠れ家的カフェ

雨虹は今戸2丁目にあります。この辺りは浅草駅から徒歩15分くらいの住宅街で、目立った観光地はなく、浅草駅前ほどの賑わいはありません。

そんな静かな場所で、金・土・日の週末だけ営業するカフェが雨虹です。

お店は2階にあり、看板は出ているけれど、注意していないと気付かないかもしれません。

私は最初に自転車でお店を探しに来たときに通り過ぎてしまいました!隠れ家的な雰囲気に心が躍ります。

広々とした贅沢な空間が落ち着くカフェ

階段をのぼって扉を開くと、広々としたキッチンとカフェスペースが目の前に広がります。

地元民としては「この場所にこんなに広々としたステキなカフェが?」と驚きました。

カフェスペースはテーブル同士のスペースが広く取られていて、空間を贅沢に使っています。照明も明るすぎず暗すぎない程度に調整されていて、リラックスできるカフェだと感じました。

神社の前という立地も静かさを演出

大きな窓からは自然光が差し込みます。カフェは熱田神社の前に立地しているので、この窓の座席からは、熱田神社を見下ろしながら穏やかな気持ちで食事を楽しめます。

旬の果物を使った贅沢な「パブロバ」のパフェ

この日は、パブロバシャンティと旬のフルーツパフェを頼みました。私は桃を、一緒に行った夫はいちじくをセレクト。

このお店のパフェは「パブロバ」という、メレンゲにフルーツを盛りつけたニュージーランドが発祥とされる伝統菓子を元に作られています。

非常に手の込んだ美しい桃のパフェは、パブロバとフルーツ以外にもたくさんの材料が使われているのです。

豆花、黒烏龍茶のゼリー、レモンカート、ジャスミン、ライムメレンゲクッキーなど、10種類以上のパーツで構成されています。

食べるときはトップのパーツを移動してから

美しいパフェをこぼさずに食べるため、トップのメレンゲとフルーツのパーツをお皿に移し、ナイフでカットしていただきます。

ひとつひとつ丁寧に形作られたメレンゲは、サクサクとした軽い食感と絶妙な甘みが、旬のフルーツのおいしさを引き立てます。

彩りに添えられたエディブルフラワーでさえも、パブロバといただくとおいしい!

グラス内のパフェは一口スプーンですくうたびに組み合わせが変わり、複雑な味わいが楽しめます。桃のパフェは台湾をイメージして作られているのだとか。

ニュージーランドと台湾のフュージョンは、店主山本さんの感性の賜物で、ここでしか味わえないものだと感じました。

そしてもうひとつ、このパフェをここにしかないものにしているのは「余白」ではないでしょうか。

あえてグラスいっぱいにフィリングを敷き詰めず、抜けがある。余白は日本の美の一つの要素です。

このお店はお料理にも空間にも余白があり、それゆえに美しく、居心地よく感じるのかと思いました。

ステキなパフェと空間をぜひ実際にお店で体験してみてください。

お店の方に伺ったところ特に休日はかなり混雑するようです。事前に予約してから行くことをおすすめします!

Cafelounge雨虹
住所: 東京都台東区今戸2-12-6-2F
アクセス:東京メトロ銀座線「浅草駅」から徒歩15分
営業時間:10:00-18:00
電話番号:070-3298-1225
定休日:月、火、水、木