お手軽に本格タイ料理を食べたいなら!蔵前の「ガパオ」

都営大江戸線の蔵前駅A5出口から徒歩3分ほどの場所に、リーズナブルな価格で本格的なタイ料理を味わえるお店があります。

用事を済ませた帰り道、女性1人でも入りやすいお店はないかな〜とランチのお店を探してぷらぷら歩いていました。目にとまったのは「ガパオ」という店名。大好きなタイ料理のお店です。

「お店の名前にするということは、ガパオガイに自信があるのでは?きっときっとおいしいのでは??」そう思い、お腹をすかせていた私はすいこまれるように入店しました。

本場の味にこだわるお店!

完全にガパオガイが食べたい口になっていた私ですが、一応一通りメニューを見てみようと席につきました。

机のうえのメニューをみます。
表紙には、「定番料理ってお店の違いがすごく出ますね」という言葉とともにガパオガイの写真がどーーん。リピート率NO.1だそうです。

「これは、やはり一度食べてみねば!」と思い、ガパオガイを注文しました。

みなさん、「ガパオってひき肉炒めのことでしょ」と思っていませんか?私はそう思っていたんですが、ガパオとはホーリーバジルのことだそうです。メニューの裏側に書いてありました。

スイートバジルではなくホーリーバジルを使うことがポイントで、余計な野菜は入れずシンプルに仕上げるのがお店のこだわりだそうです。さらに、ひき肉もお店で叩いて作っているとのこと。

メニューの裏側をちょっと読んでいると間もなく、料理が運ばれてきました。

ボリューム満点のガパオガイ

ランチは、メインのガパオガイにスープ、サラダ、デザートまでついて800円。お得です。
ガパオガイはお肉感しっかりで噛みごたえがありました。余計なものは入れないというこだわりだけあって、お肉の味がひきたっていました。

ライスはもちろんタイ米です。ライスのうえには揚げた目玉焼きがのっていて、白身はサクサク、黄身は半熟でとろりと流れます。お肉、ご飯、卵をいっしょに食べると最高においしい!これぞ本場の味です!

テーブルのうえには、砂糖、唐辛子、ナンプラー、お酢が置かれていて、自由にかけることができます。

私は半分ほど食べたところで唐辛子とナンプラーをちょこっと追加し、味変も楽しみました。辛さは少し控えめだったので、辛いのが好きな方は追加してみるといいかもしれません。自分好みの味に調整してみてください♪

また、サラダがセットになっていてしっかり野菜も食べれるので、このランチだけでかなりバランスよく栄養がとれるなと感じました!デザートも甘くておいしかったです。
ボリュームたっぷりで満腹になりました。

テイクアウトもOK!

店内は縦長のつくりで、奥には個室もありました。テーブル席、カウンター席があり、グループでもひとりでもゆっくりできそうです。私の訪問時には、私の他にひとりの方が2名、4人グループが1組いました。

また、ガパオやカオマンガイのお弁当は500円でテイクアウトができます。帰り際、赤ちゃんを抱いた女性がちょうど注文していました。小さなお子さんがいたり、お家でゆっくりしたい方も、ワンコインで本場の味を楽しめるのはうれしいですね。

お財布に優しい価格で、本格的なタイの味を堪能できる「ガパオ」。みなさんもぜひ足を運んでみてください♪

ガパオ
住所:東京都台東区寿3-15-2 古澤ビル 1F
アクセス:都営大江戸線「蔵前駅」から徒歩3分
     東京メトロ銀座線「田原町駅」から徒歩5分
TEL:03-3842-8130
営業時間:11:30-15:30
17:00-23:00
定休日:日曜日