根岸にオープン「サンドウィッチショップ オーシャン」

鶯谷駅と入谷駅にほど近い場所に、サンドウィッチのお店がオープンと聞き、運よく8月5日のオープン初日に行くことができました。今日はさっそくレポートさせていただきます。

根岸に吹くアメリカの風

場所は鶯谷駅から徒歩5分。根岸三郵便局のお隣にあります。入り口の間口はそれほど広くなく、あれ?開店しているのかなと不安に思いのぞきこんだら、あら不思議。ここはアメリカ西海岸、はたまたハワイ?可愛らしいイラストや看板、ケチャップやお酒のパッケージなどがズラリ。一気に旅行感覚、あの場所に来たのねと、遠い記憶がよみがえります(行ったことないけど)。

細長い店内は、壁際にカウンター席が並び、一番奥が厨房とお会計場所になっています。
今日はテイクアウトをするので、さっそく奥に進みます。

ブリスケットってなんだろう

メニューをじっくり見せていただくと、おすすめはブリスケットサンドとのこと。
“ブリスケット”ってなんでしょう。初めて聞く言葉ですが、牛肩バラ肉を塩漬けして煮込み燻製した塊肉。これがサンドされているそうです。わー聞いただけでおいしそう、それをください!ガッツリいただきます。ガッツリついでに、大好きなチーズのサンドにしました。
これは楽しみです。

待ち時間も楽しめます

ワクワクしながらできあがりを待ちます。お会計はPayPayを使用できるのでスムーズです。レジ越しに厨房を覗くことができ、チラチラと覗き見します。手際良くサンドウィッチが作られるライブ感は食欲を後押ししてくれます。
ジャグポットにいれられたレモン水をいただきながら、どんな味なのかを想像して待つ時間は楽しいものです。

こだわりの具材

店主はアメリカンサンドウィッチをコンセプトに、ワイキキビーチで食べた衝撃の味を再現しようとお店を開いたそうです。メニューはブリスケットサンドのほかに、グアバジュースで煮込んだ豚肉を使ったカルアポークサンド、アイオリソースが決めてのシーサイドチキンサンドなど、独自にこだわった味付けが特徴です。その熱い思いは、お店に足を踏み入れた瞬間に感じることができます。

今まで知らなかった新感覚サンド

さまざまな想像をしている間に、サンドウィッチができあがりました。大急ぎでアツアツを抱えて帰ります。
いざ、開封!
あーなんと美しいことでしょう。ガッツリとした具材が繊細にサンドされているではありませんか。こんがりと焼かれたパンから見える具材が、なんだか控えめに、だけどしっかりと主張をしています。

では、いただきます。
うわー、一口目から良いバランスでお肉に届くこのうれしさ。香ばしく、そして噛みごたえのある肉は初めての食感です。もう、ブリスケットに夢中です。さっきまで知らなかったブリスケット、今までなぜ出会えなかったのか、知らなくて損をしていたよ。これからは、よろしくね。と語りかけながらあっという間に食べ終えてしまいました。
これは、絶対にまたすぐに食したい、そして他のサンドも食べたいのです。
食いしん坊に火がつきます。そんなサンドウィッチを食べに、ぜひみなさまも足を運んでみてはいかがでしょうか。

サンドウィッチショップ オーシャン
住所:東京都台東区根岸3丁目2-9
TEL:03-5808-7467
アクセス:東京メトロ日比谷線 入谷駅より徒歩3分
     JR山手線 鶯谷駅より徒歩5分
営業時間:11:00〜20:00
     ラストオーダー19:00
定休日:日曜日